ボクがピアノを始めたのは小4の時だ。クラスの女房

ボクがピアノを始めたのは小4の時だ。クラスの女房で上手な子供がいて、その子供に注目してほしくて始めました。パパでピアノをしている子供ばかりいなくて、近所が女房ばっかりなのでちょっと恥ずかしかったのですが、段々と上手になって行くによってそんないたたまれない心構えなどどっかへ行きました。6歳になって、その上手な女房が私学に通うという話を聞いて、損害をうけました。将来、その子供に演奏を聴いてもらいたくて始めたのに、チャンスが遠のいてしまいました。今の戦法ではまだまだ恥ずかしくて聴いてほしいとは言えませんでした。卒業して中学校になり、でも依然としてレッスンは閉めませんでした。将来またマグレがあれば、というってがんばれました。好きで始めたこともありますし、つぎつぎ上達していきました。しかたが著しいので才能あるよ、といった教官に褒められると別途実践に力が入りました。中学生では吹奏楽部に入り、楽曲に気迫を入れました。中二の時のTVCM会で教官が「今年は総合TVCM会にしたいと思います。」と言われました。他の講習の学徒ちゃんと合わさってやることになったのです。ボクは少し背伸びして、「子犬のワルツ」を弾くことになりました。今日、びっくりしたのが、あの上手な女房がいるのです。企画を見ると名が載っていらっしゃる!正しく見てなかったのす。やった!と思いました。反面思い切り懸念しました。その子供はショパンの「派手なる大円舞曲」を聴かせてくれました。ありがたくて涙が出そうになるのをこらえ声をかけました。xn--vus02dj9eo8og0sx4n.tokyo